未来との架け橋になる記事を残していくブログ

架け橋ブログ

未分類

【会議】ティール組織における会議の進め方

投稿日:

ティール組織において、会議の進め方はとても重要です。

ビュートゾルフにおける会議は以下の手順になります。

第一ラウンド…その場に出席しているチームメンバーが抱えている問題を元に、議題がその場で取りまとめられる。ファシリテーターは、意見や説得や判断を下してはならず、ただ質問をすることだけが許される。説得はすべてフリップチャートに記載される。

第二ラウンド…すべての説得が再び検討され、修正や改良が施される。

第三ラウンド…グループとしての判断が下される。意思決定の基本はコンセンサスではない。信念に基づいて異議を唱える人がいなければ解決策が採用される。「別の解決策の方が良いと感じるから」という理由だけでは、ある提案の採用を拒むことはできない。全員が心から賛成する完璧な解決策など存在しないはずだし、それを追究することは徒労に終わる可能性もある。

信念に基づく反対がなければ、将来新たな情報が手に入った時にはいつでも見直すという理解の下で解決策は採用される

 

-未分類

Copyright© 架け橋ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.