住宅ローン控除に過度な期待をするべきでない理由

二人目の子供ができ、将来を見据えて家を買うことにした。

色々と調べていると、住宅ローン控除(住宅ローン減税)
なるものがあることが分かった。

住宅ローン控除(住宅ローン減税)とは、
住宅購入を促進するために住宅購入から十年間、
所得税と住民税を控除する制度。

元々は一年間で20万円を限度に十年間で
最大200万円を控除するというものだったよう。

それが平成26年~平成31年までに住宅を購入した場合には、
消費税増税に伴う救済措置として、
最大一年間40万円控除してくれるという。

理論上は十年間で最大400万円の住宅ローン控除(住宅ローン減税)
を受けることができることになる。

これだけ聞くと、

「できるだけ400万円の控除を受けたい!」

という下心が出てくるが、
実際のところはどうなのだろう?

実際に計算してみると、やはり過度な期待をするべき制度
ではないことが分かった。

なぜなら、「最大40万円」というのが曲者で、
最大の恩恵を受けることができる人はごくわずかだからである。

せっかくなので実際の参考金額を出してみた。

モデルケース
■家族構成(夫、専業主婦の妻、子供なし)
■借入価格(税込み年収に対して、支払比率25%で可能な借り入れ価格)
■金利(変動金利 実質0.775%)
■給与は変動しない場合として計算

年収 借入金額 住宅ローン
控除額(年額)
住宅ローン
控除額(総額)
300万 2250万円 9万7500円 97万5000円
350万 2500万円 14万1000円 141万円
400万 3000万円 18万6000円 186万円
450万 3250万円 21万円 215万円
500万 3750万円 24万4000円 244万円
550万 4000万円 27万8000円 278万円
600万 4500万円 31万2000円 312万円
650万 4750万円 34万6000円 346万円
700万 5000万円 40万円 400万円

400万円の控除になるのは年収700万円で
5000万円の住宅を購入した場合のみである。

尚、消費税は土地にはかからず、住宅価格にのみかかるものである。
2000万円の住宅だと消費税だけで160万円もかかっている。

それを考えると、基本的には消費税分をカパーする
くらいの考え方が良いのかもしれない。

但し、この住宅ローン控除(住宅ローン減税)
を100%使い倒したい場合には方法がないわけではない。

それはまたほかの機会に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です